スピリチュアルと現実

ブログより「スピリチュアルと現実」

目に見えない世界、スピリチュアルな世界、チャネリング
これらは、現実からかけ離れた世界なのでしょうか?今これからの時代に必要とされているのは、
現実での問題を解決していくために
スピリチュアルな視点を活用していくことです。
もうやるべきことは全部やったのに・・・
そんな時こそ、視点をかえ、論理的に考える事をやめて
新しい視点、スピリチュアルな視点で物事も見てみる時です。

私自身も初めてチャネリングのエクトンのセミナーに行った時
質問したのは、子育てや夫婦など人間関係に関してでした。
とても普通の事でしたが、エクトンからその時伝えられた事は
私にとって、とても新しく新鮮で希望が持てる、自分に力がわいてくるような
そんな感覚がありました。
もう20年も前ですが、今でいう
引き寄せの法則や全て自分が創っている、という捉え方でした。

実際子供を育てたり、仕事や家族など人間関係の難しさ・・・・
現実は、自分の思い通りには動いてくれません(当然ですが)
一方で、スピリチュアルなエネルギーの世界は、何でも可能、自由な世界です。
この一見矛盾した考えを、この現実の中でどうやって変化を起こしていくか。

夢や理想を現実の中でどうやって実現していくのか?
そのためにとらえ方を変えたり、人を批判せず自分の引き寄せたものとしてみる、という事が出来てくると、現実が実際に動いてきます。

チャネリングは,

「なぜこれがおこるのか?」

「この現実を変えるために、何が必要なのか?」

という質問にたいし具体的な答え、というより
提案や可能性、ヒントを提供してくれるものと私自身はみています
もしエクトンが「私を信じれば何でも解決するよ。」
なんて言ってればすぐにその場から立ち去っていたでしょう。

自分で考えて人生を理解し答えをだし、自分で決めていきたい人
チャネリングは、むしろそんな人達のいい話し相手になってくれます。
その人の生き方を尊重しつつ素晴らしい知恵、新しい視点を提供してくれる、
でも決めて行動するのは自分です。
そんな中で奇跡やありえない展開って、実際に起きてきます。
これは自分で信じてやってみるしかありません。

私もスタートは
「ひょっとして、この現実って全て私が起こしたのかもしれない・・・・」

と思い始めた時。
そんな風に見るようになると
まるでパズルが一つ、一つ、あてはまるように、つじつまがあって意味が分かってくる、この20年間、そんな事の連続だったように思います。

光も影も自分が創りだしたもの
スピリチュアルをこの現実の世界に活用する
やってみると、少しずつ、奇跡や夢が実現していきます。

地に足がついたとてもパワフルな捉え方です。