2012年1月20日

年末からロス、サンフランシスコ、そして、依然から一度行ってみたかったエサレンに行ってきました。
ブログにも書きましたが参加したワークショップは
「Drawing in the right side fo the brain}

もともと絵を描くのは好きですし、自己啓発系のワークショップは言葉が少し不安だったので
5日間の右脳で絵をかくという題名のワークショップに参加してみました。

やはりアメリカらしく、11名のクラスで最初からみんな参加型でわいわい冗談も言いながら絵をかいたりレクチャーがあったり、なかなか忙しい内容も濃い5日間でした。

何よりも確実にだれでも上手になれるノウハウを具体的に教えてくれます。
そして私たちがいかに普段、自分のイメージでものを見てしまっていて、そのものを本当にみていない、ということがよくわかるセミナーでした。絵も人の個性をとてもよく表してくれますね。。

部屋のコーなーを描いたり、椅子を描いたりしたときは、自分の見た印象と実際の絵にかくための
サイズやバランスが、ずいぶん違っていて、修正するのが大変でした。でもいろいろ書きながら、自分の普段の見え方が、いかに過去の印象や勝手な思い込みでできているのか、ということがよく理解できたように思います。

実際のものの見え方だけでなく、私たちは確かに過去の印象や経験から実際見えているものと随分違ってものを捉えているという、感覚がありました。(これを偏見とというのでしょうか・・・)、実際、自分の書いた絵をちゃんとしたサイズに修正するのに四苦八苦したのですが、その日の夜見た夢は、何か新しい発見があるような、改めて自分のものの見方も修正してくれるようなものだったのが印象的でした。

11にんという少人数、5日間で1日6時間余り結構、時間的にも長かったせいか、みんなとても
仲良くなれました。エサレンは、モントレーという町から1時間半ほど車で行った、とても美しい場所です。

平屋の木造の建物が並んでいて、自然の景観の中にすんなり溶け込んでいて、なおかつとても快適な場所です。食べ物もベジタリアンでは、ないですが、野菜がメインで健康的でおいしかったです。