2010年1月16日

本の紹介「オープニング・トゥ・チャネル」

チャネリングについて、とってもわかりやすく説明してくれている本があるので紹介したいと思います。

やっぱりなんといってもこれです。

「オープニング・トゥ・チャネル」 あなたの内なるガイドとつながる方法
サネヤ・ロウマン&デュエン・パッカー著   ナチュラルスピリット刊  2780円

実際にここに書かれている誘導の文章を自分で録音して、チャネリングをしてみる事も可能だし、実際やってみたけど、不安だという方にもおすすめです。

いろんな誤解や恐怖心などもあって、「興味はあるけど、自分でやってみるのは怖い」という方は是非読んでみてください。

チャネリングの紹介、その背景となる知識、実際にどんな感じがするか、ガイドは誰か?、ガイドはどんな風にコミュニケーションしてくるか、実際のエクササイズの仕方、質問の例、体験談、上達の仕方、実際の起こりうる疑いや恐れ、能力が開いた後の変化など、必要な事はすべてのっています。
とてもわかりやすく、初めての方でも納得できる内容です。

チャネリングが「何となくあやし~ィ、」(私も、実際に知る前はそう思っていました)ものでもなく、今まで閉ざされていた人間の能力であって、今の時代にとても役に立つ、むしろ必要な物だという事が納得できるのではないでしょうか。

チャネリングを学ぶ事で、その後実際の生活に変化が起こったといって下さる方がたくさんいらっしゃいますが、それがむしろ何か特別な事でなく当然そうなっていく、という事が、わかると思います。

少し長くなりますが、本書の「はじめに」の部分を一部抜粋してみます。P.4~5

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

参加者はみんな「チャネリングをしたい」という強い願望をもっていました。
みんな人生がよい方向に向かっていると報告してくれましす。
「世界を以前よりポシティブにとらえ、より広い視点から物事がみられるようになった。」
「自分自身や他の人に対して、もっと思いやりをもてるようになった」と彼らはいいます。
殆ど全員が新しいあり方を学び、目的に対する明確なビジョンをもち、内なる声を高いレベルで信頼する事を通して、人生を変化させ、繁栄に導いています。
「充足感がわきでてくる」と参加者はみな口々に言います。
何かと戦うのでなく、ただ流れに乗っているのを感じるようです。
少しづつですが、多くの人が人生に高次元の秩序、より深い意味や目的を見出だしています。
多くの人が、チャネリングこそ自分が求めていた覚醒に向かう大きな前進であり、その乗り物である事を発見しています。

私たちはチャネリングを学んだ後で、個人的又は精神的に大きな飛躍を遂げた数々の例を目にしてきました。
人生の内面ー関係性、感情、事故価値の感覚、-においてポジテイブに成長するだけでなく、
現実的な側面でも成長しています。
親達はもっと気づきをもって子供の可能性を伸ばす事に取り組むようになり、
夫婦は新しい次元でコミュニケーションするようになり、二人の間により深い絆が出来た事に気づきはじめたのです。
みんな他の人をサポートしたり、理解し、許す事がずっと楽になっている事にも気づいています。
さらに住む場所や仕事も自分がどんな人間で、何をするのが好きかということに沿うようになってきています。

チャネリングはより高い次元への方向性を見出し、それを体験する事を助けてくれます。
チャネリングでどこまで到達できるのか、どんな発見ができるのか、どんな情報が開示されるのか、個人としてどこまで広がっていく事ができるのか、その限界は計り知れません。